レッドブルF1首脳 「ホンダF1が技術指令で減速したという噂はナンセンス」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、FIA(国際自動車連盟)がホンダF1のエンジンを減速させるために介入したという噂は“ナンセンス”だと否定した。

メルセデスF1は、ライバルのホンダF1のエンジンはFIAによって発行された技術指令によって減速したと考えていると Auto Motor und Sport は報じた。

「メルセデス側から、ホンダがFIAからの指示により減速したという報告があった」と Auto Motor und Sport は伝えた。

「伝えられるところでは、ホンダF1は彼らのエネルギー管理をどのように運営するかについて4ヶ月間意見の相違があった」

この提案は、レッドブルがF1イギリスGPとF1ハンガリーGPでのそれまでに築き上げてきたペースアドバンテージを突然失ったように見えた後に出された。そのような指令が出された場合、詳細を公表することは禁じられている。

しかし、ヘルムート・マルコは、噂は「ナンセンス」であると公然と述べた。

「まったくナンセンスだ。FIAからもホンダ自体からも制限はない」とヘルムート・マルコは F1-Insider に語った。

「エンジンを戻す必要はなかった。ハンガリーでも以前と同じパワーで走っていた」

興味深いことに、ヘルムート・マルコは、シルバーストン以前に実際にエンジンを改良したのはメルセデスF1だと語る。

「メルセデスとは対照的だ。彼らはマシンだけでなくエンジンにもアップデートをもたらした」とヘルムート・マルコは述べた。

「だからこそ、シルバーストン以来、ストレートで再びとても速い」

もちろん、エンジンはメルセデスW12内に隠されているため、レッドブルがアップグレードを物理的に確認することはできない。

しかし、ヘルムート・マルコはアップグレードを聞くことができるので見る必要はないと語る。

「メルセデスは、エンジンでより多くの馬力を解き放つことができるように冷却システムを改善したと聞いているす」とヘルムート・マルコは主張した。

シルバーストンとハンガロリンクでメルセデスとレッドブルは衝突事故を起こしており、結果としてメルセデスは両方のチャンピオンシップをリードして夏休みに入る。

ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンに8ポイント差をつけてドライバーズランキングのトップに返り咲き、メルセデスはレッドブルに12ポイント差をつけてコンストラクターズチャンピオンシップをリードしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1