レッドブルF1、人種差別的な投稿をした従業員を解雇
レッドブル・レーシングは、人種差別的な投稿をした従業員を解雇したことを確認した。

今週初めに人種差別的な言葉を使用した大規模なメッセージがソーシャルメディアに投稿され、チーム管理者からの迅速な対応が促された。

「先週公に認められたように、我々はあらゆる種類の人種差別的中傷を非難し、我々の組織内での人種差別的行動に対して許容度ゼロの方針をとっている」とレッドブル・レーシングのスポークスマンは語った。

「問題の人物はもはやレッドブル・レーシングの従業員ではない」とし、問題の人物はトラックサイドチームの著名なメンバーではないことも確認した

「この段階ではこれ以上のコメントはない」

テキストメッセージには、不快な言葉を使ったさまざまな投稿が表示されていた。これらの投稿は、今年初めにさまざまな日付で一定期間にわたって送信されていた。

メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1イギリスGPのマックス・フェルスタッペンとの1周目での衝突の後、オンラインの人種差別中傷の標的になった。

当時、レッドブルF1はそのような誹謗中傷に反対していることを明らかにしていた。

「我々はコース上では激しいライバルかもしれないが、あらゆる人種差別に対して団結している。我々は自分たちのチーム、競争相手、そし、我々のファンに対するあらゆる種類の人種差別的な中傷を非難する」とレッドブルF1は声明で述べた。

「チームとして、我々は、マックスとの衝突後、ルイスがソーシャルメディアで昨日耐えた人種差別的な中傷を目撃することにうんざりし、悲しんでいる。それについての言い訳は決してない。我々のスポーツにはそれのための場所はない。そして、責任者は責任を問われるべきだ」


レッドブルチームのプリンシパルであるクリスチャンホーナーは、「チーム内の人種差別的な行動に対しては、許容度ゼロのアプローチを採用している」と語った。

「個人的に、この種の誹謗中傷の責任者は責任を問われるべきだと強く感じている。感情の高ぶりが人種差別的な中傷の一線を越えてはならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ