レッドブルF1首脳、ホンダF1との2022年のエンジン開発・保守契約を説明
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2022年にホンダF1の契約について語った。

ホンダは、今シーズン限りでF1から正式に撤退。レッドブルは、ホンダからF1エンジンの知的財産権を引き継ぎ、今後のエンジンを開発、保守、オーバーホールしていくための新会社レッドブル・パワートレインズを設立した。

そのため、レッドブル・テクロジーズは、2022年からホンダから引き継いだF1エンジンをすぐに稼働すると考えられていた。だが、ホンダは、すでに2022年用のF1エンジンの開発を進めており、来季もHRD-Sakuraでレッドブルおよびアルファタウリのためにエンジンを保守する。

したがって、現在、チャンピオンシップをリードするマックス・フェルスタッペンは、2022年もホンダが開発し、保守するF1エンジンで戦う。バッチはレッドブルに変更されるが・・・

ヘルムート・マルコは、ホンダとの来季の契約について「日本で開発された知的財産権と2022エンジンを取得する。ホンダから購入するものはすべて有料だ。さまざまなレベルで協力している」と RacingNews365 に語った。

「新しいエンジンが2023年または24年に到着したら、自分たちで組み立てる。これは素晴らしいプロジェクトだ。そのために必要なテストベンチを購入したことは周知の事実でだ」

「万が一問題が発生した場合、ホンダからのサポートが約束されているが、それは人材が確保できる範囲でのみだ。スタッフとテストベンチも引き継ぎぐ。彼らはとても良い日本人であり、メルセデスから来てくれた人たちもいる。とてもいいパッケージだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1