レッドブルF1首脳 「ペレスがリスタートでホイールスピンしたのは幸運」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1アゼルバイジャンGPのリスタートでセルジオ・ペレスがホイールスピーンに悩まされていなければ、スピードを落とせなかったルイス・ハミルトンに接触されてレースを終えていた可能性があると考えている。

スタンディングリスタートでは、セルジオ・ペレスがポールポジション、ルイス・ハミルトンが2番グリッドに並んだ。だが、蹴り出しがよかったのはハミルトンでストレートで先行した。

しかし、ルイス・ハミルトンは“ブレーキマジック”ボタンの押し間違えにとって1コーナーで止まり切れず、そのままエスケープに出てしった。

ヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスがもっとクリーンなスタートを切っていれば、それに巻き込まれてリタイアしていた可能性があると考えている.

ヘルムート・マルコは「ペレスがリスタートのときにホイールスピンしたことに感謝する」と Auto Motor und Sport に語った。

「もし彼がうまく発進していれば、ハミルトンは彼を片付けていただろう。災い転じて福となすだ」

また、ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペン以外のレッドブル・レーシングのとして久しぶりに優勝した新加入のセルジオ・ペレスを称賛した。

「彼は常に最前線にいた」とヘルムート・マルコは続けた。

「しかし、モンテカルロではすでにそうだった。彼はそこでフリーエアに出るとすぐに速く、フェルスタッペンよりもラップタイムさえ設定しました。これにより、オーバーカットが可能になった」

「何よりも、彼はチームに非常によく溶け込んでいる。彼は非常に優れたチームプレーヤーだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス / F1アゼルバイジャンGP