レッドブルF1代表、ペレスの祝賀会に参加したフェルスタッペンを称賛 「本物のスポーツマン」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、失望のリタイアの後、優勝したチームメイトのセルジオ・ペレスの祝賀会に参加したマックス・フェルスタッペンを「本物のスポーツマン」だと称賛した。

F1アゼルバイジャンGPはマックス・フェルスタッペンにとって大きな打撃だった。タイヤがパンクしてウォールにクラッシュしたことで、フィジカル面だけでなく、25ポイント、おそらく26ポイントが泡と消え、精神的にもそれを受け入れなければならなかった。

マシンを降りたマックス・フェルスタッペンは、左リアタイヤの残骸に蹴りを入れ、頭を抱えてトラック最後に立ち尽くした。

再開後、チームメイトのセルジオ・ペレスが勝利を収めた。マックス・フェルスタッペンはチームと共に表彰台での勝利を祝った。

事故後のマックス・フェルスタッペンの精神状態について質問されたクリスチャン・ホーナーは「大きくヒットしたので、彼は医療センターで検査を受けなければならなかった。彼の電話は異常に振動していたが、彼はその理由がわからなかった」とルイス・ハミルトンのミスに言及しました。

ルイス・ハミルトンのノーポイントでマックス・フェルスタッペンの苦痛は少しは軽減されたかもしれないが、その後、セルジオ・ペレスのパーティーに戻ってきたという事実は、マックス・フェルスタッペンの功績だとクリスチャン・ホーナーは考えている。

「表彰式で彼のチームとチームメイトをサポートする彼はとてもスポーティーだった」

「もちろん、彼はがっかりしていたが、怪我がなかったことに感謝している。彼がチェコのチームとの初勝利を祝うために来てくれたのは、我々のチームスピリットがどれほど素晴らしいかを示した」

「マックスの個性がいかに強いかがわかる。本物のスポーツマンだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン