レッドブルF1代表、チームを酷評したメルセデスF1代表に驚き
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1アゼルバイジャンGPの悪夢のような週末に対するトト・ヴォルフの対応に同意できないと語る。

レース終盤にミスをして勝利とチャンピオンシップのリードの両方を犠牲にしたルイス・ハミルトンは“自分の責任”だと国際メディアに語った。

しかし、バルテリ・ボッタスの悲惨な窮状には同情的ではなかったが、メルセデスF1のチーム代表としてトト・ヴォルフは断固としてルイス・ハミルトンを支持した。

「セルジオ(ペレス)が彼に近づいてきて、ブレーキバランスを変えるためのボタンを押してしまったことをミスとは言えない」とトト・ヴォルフは語った。

「我々のマシンに他の誰かを乗せいとは思わない」

イタリアの Corriere dello Sport はこれに反対し、ルイス・ハミルトンは2021年に「明らかなミス」を犯し始めていると主張している.

「ハミルトンは明らかなミスを犯しており、いくつかの疑問が生じる」と別のイタリアの日刊紙 Tuttosport は同意する。

Il Resto del Carlino は「アイルトン・セナやミハエル・シューマッハならばあのようなミスを犯さなかっただろう。特に何年にもわたってF1いる後ではね」とコメントした。

「メルセデスに警報を!」とオーストリアの Kronen Zeitung は見出しに「ウォルフは自分のチームを批判している」

実際、バクー直後のメルセデスF1チームに対するトト・ヴォルフのレース後の批判は特に注目に値する。

「現時点では、多くのことがスムーズに進んでいない。我々は自分自身に期待する通常のレベルにはありません」とトト・ヴォルフは語った。

「改善しなければならないことがたくさんある。レッドブルに対して生き残りたいなら、モナコやバクーのようにポイントを失うわけにはいかない。それは受け入れられない」

「こんなに難しい段階を経験したことは今まで覚えていない」

レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、現在チャンピオンシップの候補者間の緊張が高まっている中でさえ、彼が率いるチームについてのトト・ヴォルフの批判的なコメントを聞いて驚いたと語った。

「今週末、トトのコメントについて多くのことがだった」とクリスチャン・ホーナーは観察した。

「彼は自分のチームを公にローストすることさえ恐れていないが、私はそれには同意しない」

「だが、それは彼の権利だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス