レッドブルF1代表 「メルセデスが我々を優勝候補とするのは心理戦の一種」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスF1が2021年のF1タイトル候補としてレッドブルにラベルを付けることを推し進めたのは、レッドブル・ホンダにプレッシャーをかけようとする方法だったと語った。

レッドブル・ホンダF1は、2021年シーズンの開幕2戦でメルセデスとのF1ワールドチャンピオンル争いを展開しており、今シーズン、チームはこれまでに1勝を挙げている。

しかし、今や標的にされる側ではなく、ハンターとなったメルセデスF1が、パフォーマンス面で追いついてきているのは明らかだ。

今月初め、メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは「敗北は彼らのものであり、勝利は我々のものだ。最速のマシンを持っているとき、勝利を実現しなければならないからね」と語っていた。

どちらのチームも優勝候補として語られることを避けていることについて質問されたクリスチャン・ホーナーは「もちろん、それは期待をかけ、プレッシャーをかけようとするために使用されるものだ」と語った。

「もちろん、トトは、追いかけて追いつく必要があるという認識を生み出すために、必然的にレッドブルを優勝候補として特定しようとしている」

「しかし、正直に言うと、我々が優勝候補だとは思わない。我々は7回連続のワールドチャンピオンと対戦している。オッズを計算するのにロケット科学者である必要はない。それらは優勝候補が誰であるかを教えてくれる」

クリスチャン・ホーナーは、メルセデスが遅れているという認識は、W12が扱いにくいことが判明したプレシーズンテストでメルセデスF1がスロースタートを切ったことで促進されたと信じている。

しかし、その後、ルイス・ハミルトンはF1バーレーンGPで優勝し、第2戦F1エミリア・ロマーニャGPではイモラでのポールポジションを獲得した後、2位でフィニッシュした。

クリスチャン・ホーナーは「メルセデスは我々を優勝候補としてタグ付けしており、トトは明らかに注意をそらすことに非常に熱心だだが、それはやや近視眼的だ」

「彼らは7回のワールドチャンピオンであり、1つの悪いテストをしただけだ。彼らのマシンはバーレーンでのレースで我々のマシンと同じように少し速く、タイヤのデグラデーションはとても良さそうに見えた」

メルセデスF1は、現時点でレッドブル・ホンダに勝る強みを持っていないと主張しているが、クリスチャン・ホーナーは状況はそれほど明確ではないと考えている。

クリスチャン・ホーナーは、まだ2つのレースが行われただけで、2チームがどのように勢力図を適切に把握するには、さらにいくつかのイベントが必要になると考えている。

「勢力図を実際に反映するには、おそらく3~4レースかかるといつも言っていたが、今でもそれが当てはまると思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「バルセロナが終了すれば、はるかに明確な状況を把握できると思う」

また、クリスチャン・ホーナーは、ローレーキのマシンがハイレーキのマシンよりも新しいルールに苦しんでいると判断するのも時期尚早だと考えている。

ルイス・ハミルトンがエミリア・ロマーニャGPでポールポジションを獲得したことで、メルセデスF1のペースは昨年と比べて大きく落ち込んでいないことが示された。

ローレーキの問題が過大評価されているかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「バーレーンを無視してイモラだけを見れば、まったく問題ないと言うことになるだろう。だから、一つの要素を強調しすぎていると思う」とコメント。

「F1の他のすべてと同様に、他のすべてと調和して機能することが重要だ。 特効薬はない。 いくつかのサーキットでは、ある哲学が有利になるかもしれないが、別のサーキットは別の哲学が有利かもしれない。もしそうなら、それは悪いことか?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス