レッドブルのF1エンジン部門、メルセデスF1のエンジン責任者を引き抜き
レッドブルパワートレインは、メルセデスのエンジンチーフであるベン・ホジキンソンをテクニカルディレクターに任命したことを発表した。

レッドブルF1は、2021年でF1から撤退したホンダF1からパワートレイン技術を引き継ぎ、自社で開発を継続する契約を締結した。

レッドブルは、F1エンジンの開発を継続して、レッドブル・レーシングとアルファタウリに供給するために新会社レッドブル・パワートレインズを設立した。

そして、レッドブル・パワートレインズは、ライバルであるメルセデスからエンジニアリング責任者のベン・ボジキンソンをヘッドハンティングすることに成功した。

ベン・ホジキンソンは、初期の頃に世界ラリー選手権とル・マン用のエンジンを開発した後、メルセデスAMG ハイパフォーマンス・パワートレインとなるイルモア・レーシング・エンジンズに参加した。

ベン・ホジキンソンは、メルセデスのエンジニアリング責任者としての役割を離れ、ライバルであるレッドブルに移籍し、F1の頂点でこの戦いに彼の経験をもたらす。

ホンダF1は、すでに冬の間大きな進歩を遂げており、彼らのパワーユニットは今やメルセデスにとって深刻な挑戦者と見なされている。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは「ベンをテクニカルディレクターとしてレッドブル・パワー・トレインズに迎えることを嬉しく思う」とコメント。

「彼は、実績のあるレースウェナーであり、高度なスキルを持つエンジニアの志を同じくするチームを率いることができるイノベーターとして、この非常にエキサイティングなプロジェクトに参加する」

「レッドブルがレッドブル・パワートレインズの設立を発表したとき、それはマシンの設計のあらゆる側面を社内に持ち込み、自分の運命を自分たちの手に委ねることF1における会社の野心の新しい段階でもあった」

「その究極の表現は、次世代のF1エンジン規制を満たすためのレッドブルのパワーユニットの開発だ」

「ベンの任命は私たちの長期的な意図を示しており、成功するために必要なすべての利用可能なリソースで彼と彼のチームをサポートしていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル