レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンはガスリーと同じAT02でも0.25秒は速い」
マックス・フェルスタッペンが、アルファタウリ・ホンダのF1ドライバーだったが、F1バーレーンGPの予選で同じAT02でピエール・ガスリーを0.25秒は上回っていただろう。そう語るのはレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコだ。

2021年シーズンの開幕戦F1バーレーンGPは、ホンダのF1エンジンを搭載するレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリにとって、今後のシーズンに向けて多くの楽観的な見方を示した。

マックス・フェルスタッペンは、予選Q3でメルセデスのルイス・ハミルトンに0.4秒差をつけてポールポジションを獲得。決勝ではハミルトンがフェルウタッペンを抑えて優勝したが、レースペースでもレッドブル・ホンダとフェルウタッペンは速さを見せた。

一方、アルファタウリ・ホンダは、ピエール・ガスリーが混戦のミッドフィールドのなかで予選5番グリッドを獲得している。

ピエール・ガスリーは、レッドブルF1と過去に問題を抱えている。2019年シーズンに向けてマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてレッドブル・レーシングに昇格したが、序盤戦の成績不振を理由に夏休み前にトロロッソに降格となった。

だが、F1ブラジルGPで初表彰台を獲得したピエール・ガスリーは、2020年のF1イタリアGPでセンセーショナルがF1初勝利を挙げ、2020年シーズンの傑出したドライバーの1人であることを証明したが、2021年のシートが利用可能になったとき、レッドブルF1の幹部はピエール・ガスリーを候補して見なさず、代わりにレッドブルのタレントプール外のドライバーであるセルジオ・ペレスを連れてきた。

最近、ピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシング時代の自身の扱いを批判して関係がさらに緊張しており、上層部がルーキーの角田裕毅に期待をかけていることもあり、今シーズン限りにレッドブルのプログラムを離れてアルピーヌF1へ移籍するとの噂もある。

そして、今、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンが、アルファタウリ・ホンダ AT02に乗っていた場合、少なくともさらに0.2秒は速かっただろうと語り、ピエール・ガスリーのF1バーレーンGPの予選でのパフォーマンスの価値を下げた。

「マックスは予選で間違いなく0.2~0.3秒を獲得したと思う。彼はガスリーの0.25秒は速いタイムを出しただろう」とヘルムート・マルコは Formel1.de に語った。

「しかし、彼がポールにいなかったのは確かだ」

悲しいことに、F1バーレーンGPの早い段階でダニエル・リカルドとの衝突により、ピエール・ガスリーはフロントウィングが壊れ、フロアが損傷し、ポイントのチャンスを失った。

しかし、ガレージの反対側では、角田裕毅がアルファタウリ・ホンダでの印象的なF1デビューレースの週末を9位で締めくくり、フェルナンド・アロンソやランス・ストロールなどを相手に印象的なオーバーテイクを見せて入賞にたどり着いた。

ヘルムート・マルコは、角田裕毅を高く評価していることを隠していないが、かつてのピエール・ガスリーのように早期にレッドブル・レーシングに昇格させてその才能を潰したくはないと考えている。

「裕毅は信じられないほどのダイヤの原石だ。我々は彼を燃やすつもりはない。成長ぶりに目を向けて、タイムリーに決定を下していきたいと思っている」

「彼はカリスマ性があり、面白い男でもある。彼を迎えることができてとてもうれしく思っている」

レッドブル・レーシングは、セルジオ・ペレスと2021年の1年契約しか結んでおらず、角田裕毅はすでに2022年の昇格の可能性が囁かれている。

「まず我々には23戦あるので、状況がどのように発展するか見てみよう」とヘルムート・マルコは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ