レッドブル、2022年にホンダF1の英国拠点スタッフの大多数を再雇用
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年にレッドブル・パワートレインズが設立される際、ホンダF1の英国を拠点とするスタッフの“大多数”を再雇用することを確認した。

ホンダF1は2021年シーズンを持ってF1から撤退するが、レッドブルは2022年からホンダのF1パワーユニット技術を引き継いで次世代F1エンジンが導入されるまで自社で運用していくことで合意した。

クリスチャン・ホーナーは、この事業譲渡により、レッドブルを支援するためにホンダの英国拠点からレッドブル・パワートレインズへの大規模な異動があることを確認した。

ホンダF1は、欧州のF1活動の拠点として英国バッキンガム州ミルトンキーンズに『HRDミルトンキーンズ』を構えている。HRDミルトンキーンズは、レースの運営部門として日本のHRDさくらで開発されたエンジンを含めたパワーユニットのリビルドやメンテナンス、サーキットサービスなどが行われている。

「ミルトンキーンズに拠点を置くホンダの運用面であるHRD UKの大部分を継承する」と彼は説明しました。

「すでに知っていて、交流している人々は、我々にスタンディングスタートを与えるので、新しい会社で引き受けることを目指している」

「それから、私たちは今後数週間から数ヶ月にわたって果たされる他の役割のいくつかを設定する過程にある。ホンダとの合意は、適切な人々のグループを集めるための時間を我々に与える」

レッドブルのF1エンジン運用に生じる可能性のある障害のひとつは、今シーズン初めてF1に導入される予算上限であり、差し迫ったスタッフの流入がチームの支出に追加される可能性がある。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・テクノロジーズの設立は、他チームの人材を引き付け、チームレベルを引き上げることになるだろうと考えている。

「メルセデス、フェラーリ、ルノー、他のメーカーチームのようなと我々を平等に保つと思う」とクリスチャン・ホーナーは付け加えました。

「もちろん、パワーユニットビジネスに再展開できるスキルセットの特定の再展開があり、それは非常に理にかなっている」

「最終的には、そうでなければ冗長される可能性のあるいくつかの役割を潜在的に保護するのに役立つ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1