【動画】 レッドブル・ホンダF1 RB16B シェイクダウン…実車は非公開の厳戒態勢
レッドブル・ホンダF1は、2021年のF1世界選手権を戦うマシン『RB16B』のシェイクダウンを実施したことを動画で報告。しかし、実際の『RB16B』の実車の映像は非公開とする厳戒態勢を敷いている。

レッドブル・ホンダF1は、2月23日(火)にオンラインで『RB16B』のカラーリングを公開。フロント部分はほぼ2020年仕様の2枚のレンダリング画像と動画でお披露目した。

実際、レッドブル・レーシングとホンダF1陣営は2月23日(火)からシルバーストンにいた。レースドライバーのマックス・フェルスタッペン、新加入のセルジオ・ペレス、リザーブドライバーのアレクサンダー・アルボンが参加し、無制限に走行できる2年落ちの『RB15』でのプライベートテストを実施、2月24日(水)には新車での100kmの走行が許可されているフィルミングデーを利用して新車『RB16B』のシェイクダウンを実施した。

レッドブル・ホンダF1は『RB16B』のシェイクダウンを実施したことを動画で報告。しかし、現時点でプレスに公開されているマシンの姿はどれも『RB15』のものであり、『RB16B』の実車については非公開とする厳戒態勢を敷いている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1