レッドブル・ホンダF1、RB16Bのシェイクダウンを2月24日に実施
レッドブル・ホンダF1は、2021年F1マシン『RB16B』のシェイクダウンを2月24日(水)にシルバーストンで実施する。

ホンダが今シーズン限りでF1から撤退を発表し、正式なレッドブル・レーシングとホンダとの最終年となる2021年のF1世界選手権。ホンダF1の技術ノウハウを結集したパワーユニット『RA621H』を搭載したRB16Bで、打倒メルセデスF1を掲げてタイトルを目指す。

レッドブル・ホンダF1は、2月23日(火)に2021年F1マシン『RB16B』をオンラインでお披露目したが、チームはすでにRB16Bのシェイクダウンの準備に入っている。

2021年、レッドブル・ホンダF1は、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとして、アレクサンダー・アルボンに代えてセルジオ・ペレスを起用。レッドブルのタレントプールからドライバーを起用するのは2007年のマーク・ウェバー以来となる。

レッドブル・ホンダF1は、2月24日(水)にフィルミングデーを利用してマックス・フェルスタッペンと新加入のセルジオ・ペレスが『RB16B』のシェイクダウンを実施。テスト兼リザーブドライバーのアレクサンダー・アルボンも待機し、100kmの走行制限の後は旧型マシン『RB15』で走行を行う。

レッドブル・ホンダF1の2021年F1マシン『RB16B』は、その名の通り、昨年マシンRB16のBスペック版。2021年はシャシーの大部分が引き継がれるため、新車に与えられるはずだったRB17という名称は欠番となった。

レッドブル・ホンダF1は、昨シーズンを通してRB16で見舞われた特にリアのバランス問題を解決するためにアップデートを投入し続けており、そこで学んだ教訓をRB16Bに生かしており、開発トークンは新型ギアボックスを含めたリア周りに使用したと報じられている。

今年からF1にワークス参戦するアストンマーティンがタイトルスポンサーではなくなったため、RB16Bのリアウイングには『HONDA』のロゴが掲載される。

レッドブル・ホンダ RB16B

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1