レッドブル、オレカと提携してル・マンの水素クラスのシャシーを設計
レッドブルのF1マシンを製造するレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズイは、フランスのメーカーであるオレカと提携して、2024年にル・マン24時間レースで計画されている新しい水素燃料電池車(FCV)クラスのシャシーコンセプトを設計する。

世界3大レースの1つとされるル・マン24時間レースは、究極のエコカーとも呼ばれる水素燃料電気を搭載したワンメークシャシーのカテゴリーを新たに設けることを決定しており、次世代のエネルギーとして注目される水素の技術革新が進むと期待されている。

レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズとオレカは、アストンマーティンのハイパーカー『ヴァルキリー』の開発に携わっており、オレカは耐久レース界における膨大な設計および生産スキル、レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズは、空力、車両ダイナミクス、シミュレーション技術、エネルギー回生の最適化といったF1の専門知識を活用して、共同作業でマシンを開発する。

レッドブル、オレカ、そして、ル・マン24時間レースの主催者であるフランス西部自動車クラブ(Automobile Club de l'Ouest /ACO)は共同声明を発表。レッドブルとオレカは最初のタスクとして“車両コンセプトの詳細な実現可能性の調査を実施”していくと述べた。

レッドブルのF1チーム代表であるレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズのCEOを務めるクリスチャン・ホーナーは「レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズがル・マンの水素燃料電池を搭載した耐久レースカーのコンセプトを設計するために我々のパートナーであるオレカとともにACOに選出されたことをうれしく思う」と述べた。

「レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズは、他の最先端の車両プログラムでの豊富な経験とともに、レッドブル・レーシングのF1カーの設計と開発に使用される多くのツールにアクセスでき、ACOが設定した課題に取り組むための十分な設備を備えている」

「ル・マンの水素クラスは、持続可能なモータースポーツの未来を垣間見ることができ、輸送における水素の使用を促進し、刺激的なレースを提供することを約束する」

オレカの代表を務めるユーグ・ド・ショーナックは「2014年のル・マン24時間レースに導入される水素クラスを成功させるにはコラボレーションが不可欠だ」とコメント。

「オレカは挑戦と先駆的な変化を楽しんでおり、我々はそのような夢中になれる活動において自分たちの才能を十分に表現することができる」

「LMHクラスとLMDhクラスで、耐久レースは魅力的な新時代に突入している。耐久レースは、技術的およびスポーツ的な観点かで我々を興奮させるものになるだろう」

ACOのピエール・フィヨン会長は、レッドブルとオレカによる今回の発表について「このエキサイティングな発表は、ミッションH24の魅力を裏付け、ゼロカーボン・モーターレースと水素プロトタイプの有望な未来を提供する」とコメント。

「ル・マン24時間レースの長年の主力であるオレカ、そして、モータースポーツビジネスで成功を収めているレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズのおかげで、ACOは、2024年のルマン24時間レースでの水素クラスにおける卓越したパフォーマンスを保証するために最先端のテクノロジーと組み合わせた広範な耐久レースの経験から恩恵を受けるだろう」

「水素クラスの燃料タンクの生産者であるPlasticOmniumとともに、オレカとレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズを歓迎する」

「このようなトップクラスの自動車会社が参加することで、自動車メーカー、特に水素ワーキンググループに定期的に貢献している自動車メーカーからさらに多くの関心を引く可能性がある」

「我々は困難な時代に生きているが、ACOはゼロカーボンレースとモビリティへの道を断固として追求している」

レッドブル・レーシング F1ファクトリー

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ル・マン24時間レース