レッドブルF1首脳 「アストンマーティンが我々に脅威を与えるとは思わない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年のレッドブル・ホンダのライバルとしてメルセデスとともにマクラーレンの名前を挙げた。

2020年のF1世界選手権で、レッドブル・ホンダは王者メルセデスに256ポイントという大差をつけられた。3位のマクラーレンには117ポイント差をつけたが、来季からマクラーレンはグリッドで最強のメルセデスのF1エンジンを搭載する。

「メルセデスエンジンのおかげでマクラーレンはより強くなるだろう。フェラーリとアストンマーティンは疑問符だ」とヘルムート・マルコは F1-Insider.com に語った。

「フェラーリの新しいエンジンがどれほど優れているかはまだわからない。アストンマーティンに関しては、メルセデスとの協力がどこまで進んでいるかはまだわからない。しかし、それらのチームのいずれも我々に脅威をもたらすとは思わない」

ちなみに、ヘルムート・マルコは新型コロナウイルスによる混乱は予想しておらず、リバティ・メディアの新しいCEOであるステファノ・ドメニカルを信頼している。

「ステファノ・ドメニカリは素晴らしい仕事をしている。彼がレーサーであることがわかるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アストンマーティン