レッドブル・ホンダF1:スポーティングディレクターが新型コロナに感染 / F1バーレーンGP
レッドブル・ホンダF1のスポーティングディレクターを務めるジョナサン・ウィートリーが、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出てため、今週末F1バーレーンGPを欠場する。

レッドブル・ホンダF1は、ジョナサン・ウィートリーがバーレーンへ渡航する前に英国で受けた新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したため、今週末のF1バーレーンGPに帯同しないことを発表。政府の要件に従って10日間の隔離が必要となるため、来週のF1サヒールGPも欠場になる可能性が高い。

レッドブル・ホンダF1は「英国での必須のレース前の検査でスポーツディレクターのジョナサン・ウィートリーが新型コロナウイルスの陽性であったことを確認する」と声明で述べた。

「公式プロトコルに従って、彼は10日間隔離を続け、バーレーンGPには参加しない」

「ジョナサンの任務は、今週末のバーレーンGPで多くのチームスタッフによって分担されることになる。濃厚接触者の追跡の結果、他のチームメンバーに陽性反応は出ていないため、隔離の必要はなく。チームのトラックサイドの采井に影響を与えることはない」

レッドブル・レーシングの長期メンバーであるジョナサン・ウィートリーは、新型コロナウイリスに感染した最新のF1のシニアメンバーとなる。

ウィリアムズF1の暫定チーム代表を務めるサイモン・ロバーツは、陽性反応が出たことで、前戦F1トルコGPを欠場。また、ピレリのF1責任者であるマリオ・イゾラも決勝日に陽性反応が出ている。

すべてのF1スタッフは、今年のクローズドイベントに関するFIAの厳格なプロトコルに沿って、グランプリの週末に少なくとも5日ごとに新型コロナウイルスの検査を受ける。

F1バーレーンGP前の11月13日から11月20日までの間に746回の検査が行われ、3件の陽性反応が出ている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1バーレーンGP