レッドブルF1首脳が説明するハミルトンとベッテルのタイトル連覇の違い
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルのタイトル連覇には違いがあり、それがハミルトンが最高のドライバーという称号を得られていない理由だと考えている。

ルイス・ハミルトンは、F1トルコGPで2020年のF1世界選手権を制し、破られることはないと考えられていたミハエル・シューマッハの7回のF1ワールドチャンピオンという最多記録に並んだ。

しかし、オンライン調査では、同じ世代のドライバーでは、ルイス・ハミルトンではなく、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルが最高のドライバーだという結果が出た。ベッテルが53%の票を獲得したのに対し、ハミルトンは31%だった。他の投票はフェルナンド・アロンソとキミ・ライコネンが分け合った。

ヘルムート・マルコは、2014年以来のメルセデスの完全な支配が、多くのファンがルイス・ハミルトンを彼の世代の最高のドライバーだと見なしていない理由だと語る。

「ルイス・ハミルトンが素晴らしい走りをしていることは間違いない」とヘルムート・マルコはnAuto Bild に語った。

「ハイブリッド時代、ハミルトンのメルセデスのマシンはエンジン性能だけではるかに優れていたからかもしれない」

「2014年から2016年まで、メルセデスはチャンピオンシップでも1位と2位だった。2019年もそうであり、今年もそうだ」

「2010年から2013年にベッテルがチャンピオンになったとき、マーク・ウェバーは決して3位を超えなかった。そして、セバスチャンは2017年と2018年にフェラーリで2位になっている。彼はメルセデスでボッタを倒すことができた。これは彼のクラスを本当に物語っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セバスチャン・ベッテル / ルイス・ハミルトン