レッドブルF1代表 「ニューウェイの加入は人々の我々への見方を変えた」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、チーフデザイナーとしてエイドリアン・ニューウェイの加入をきっかけにチームの“パーティ的なムード”が一掃されたと振り返る。

レッドブルのオーナーであるディトリッヒ・マテシッツは数年間スポンサーとしてザウバーへ出資していたが、2005年にジャガーを買収してレッドブル・レーシングがF1グリッドに登場した。

クリスチャン・ホーナーは、ディトリッヒ・マティシッツがF1チームを所有したのは初めてだったこともあり、当初はチームにレッドブルの哲学を採用するよう勧めてきたと語る。

「できるだけ早くに競争力をつけること以外に具体的な目標は設定されていなかった」とクリスチャン・ホーナーは Talking Bull で語った。

「レッドブルのオーナーであるディトリッヒ・マテシッツは、このスポーツに非常に情熱を注いでいた。彼はチームは後援し、ザウバーの株主だったが、チームのマネジメントと完全なオーナーシップを持ったのはこれが初めてだった」

「彼は秩序と戦うこと、異なることすること、そして、楽しみにながらそれをするというレッドブルの哲学をすべてを採用するように私に勧めた」

「初期の頃の我々は少し評判がよかったと思う。我々はガレージやエナジーステーションで大音量で音楽を流し、様々なアクティビティを行い、グランプリが開催された都市の各マーケットでパーティを開いていた」

「人々は、我々のことをあまり真剣に受け止めていなかったと思う。誰もがレッドブルのパーティに行くためにチケットを望み、それが週末の目的のひとつだと彼らは我々のことを考えていたと思う」

「私は、その下には可能な限り最高のレースチームをまとめるという本当に決意があったと思っている」

しかし、ウィリアムズとマクラーレンでタイトルを獲得したデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイが2006年に到着するとすべてが変わった。

クリスチャン・ホーナーは、多くの人々がレッドブルの成功させようと支えていたが、エイドリアン・ニューウェイの到着はレッドブルのパーティタグを実際に排除した瞬間だったと語る。

「エイドリアンが加入してすぐに人々は我々のことを真剣に受け止めはじめた」とクリスチャン・ホーナーは認める。

「彼らは『クリスチャン、これまでで最も成功したデザイナーが、信頼性の問題で両方のチャンピオンシップをわずかに逃したばかりのマクラーレンを出た場合、彼がそれをする準備ができているとするならば、そこで良いことが起こるに違いない』と考えた」

「エイドリアンが加入したことは、間違いなく、我々がパーティチームから『実際にこの人たちはやっていることに神経に取り組んでいる』と考えたを変えた瞬間だったと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル