レッドブル・ホンダF1 「全レースを優勝決定戦のように臨む必要がある」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2020年の今後のシーズンを“優勝決定権”のように取り組んでいくと語る。

2020年のF1世界選手権の開幕となったF1オーストリアGPは、レッドブル・ホンダF1にとって忘れたいレースとなった。マックス・フェルスタッペンはわずか11周で奇妙な電気系のトラブルでリタイアし、アレクサンダー・アルボンはレース終盤にルイス・ハミルトンとの接触はあったが、最終的にはPUの電気系トラブルでリタイアしている。

F1オーストリアGPを振り返り、クリスチャン・ホーナーは、最終的なレースウィナーであるメルセデスF1のバルテリ・ボッタスがレース終了間際にペースが下がっていたことを考えば、両方のドライバーに勝利の可能性があったと考えている。

「スティントの終わりにバルテリがいくつかのタイヤの問題に見舞われはじめていたことを考えれば、勝利の可能性はあったと思っている」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「戦略的に我々は鋭かったし、非常に強かったと思う。それを示すポイントを得られなかったのは残念だ」

「メルセデスは冬の間に良い仕事をしたと思う。我々はプレシーズンテストでもそれを目にしていた」。

「エンジンに関しても、彼らは強いと思うが、RB16には非常に優れたマシンの基礎があり、今日マックスがメルセデスに割って入ることができたことからもわかると思う。彼は快適なタイムで走っていたことは励みになる」

「そのため、我々は予選で抱えていたいくつかバランス問題を解決し、来週より強く戻ってくる必要がある」

今シーズンは、序盤8戦が10週間のなかで行われる過密スケジュールとなっており、残りのレース数も不確実なため、ドライバーとチームはすべてのポイントが重要となる。そのため、どんなチャンスでも掴み取る必要がある。

「すべてのレースを優勝決定戦として扱う必要がある」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「私たちはそれがうまくできていると感じていたし、戦略的に強力だと感じていた。我々はずっとプッシュしている」

「両方のマシンには、レースの異なる段階で勝利を収める立場にあったので、そのアプローチを適用し続けていかなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1