レッドブルF1首脳 「当然ながらアルファタウリよりレッドブルが優先」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2つのF1チームの間に相乗効果はあるものの、アルファタウリがレッドブル・レーシングとまったく同じレベルで戦うことは決してないだろうと語る。

今年2月、ヘルムート・マルコはトロロッソから改名したアルファタウリが“ジュニアチーム”から“姉妹チーム”に「アップグレード」されたと宣言していた。

しかし、2021年には1憶4500億ドルまで引き下げられた予算上限が導入されることで、レッドブル・レーシングはいくらかお金を再配分しなければならなくなる。

「理論的には良いアイデアだが、残念ながら実際には実行できない」とヘルムート・マルコは Auto Motor und Sport に説明した。

「いろいろと相乗効果はあるが、2つのチームに同時にサービスを提供することはできないため、アルファタウリは常に遅れをとることになるだろう」

「人員の削減により、これはさらに困難になる。レッドブルはその技術的な設備のおかげで、開発ステップをはるかに迅速に実装できる。それだけでもアルファタウリを遅れをとる」

「2つのチームがあることには一定のアドバンテージはありますが、アルファタウリは勝利チームになれるほど大きくはない」

予算上限の下では、ミルトンキーンズに本拠地を置くレッドブル・レーシングは、スタッフのサイズを大幅に削減する必要があると予想されているが、ヘルムート・マルコはそれを単純にファエンツァに本拠地を置くアルファタウリに再割り当てすることはできないと主張する。

「結局のところ、我々はアルファタウリを収益性の高いビジネスにしたいと考えている。英国でのアルファタウリの運用は段階的に廃止されるのはそれが理由だ」

「中期的には風洞は1つだけになる。もちろん、使用に関しては最初にレッドブルが優先される」

「そして、イギリスとイタリアの2つの場所に問題がある。イギリス人は彼の島からそれほど簡単に離れない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アルファタウリ