レッドブルF1 「アルボンは自力でシートを勝ち取る必要がある」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2020年にアレクサンダー・アルボンが“自力でシートを勝ち取る”必要があると語る。

ヘルムート・マルコは、2021年にセバスチャン・ベッテルがレッドブルに復帰する可能性を否定しているが、それはアレクサンダー・アルボンのプレッシャーが和らぐということにはならない。

昨年トロロッソでF1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンは、シーズン途中にピエール・ガスリーに代わってレッドブルに昇格し、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとなった。

アレクサンダー・アルボンは2020年に何をする必要があるかと質問されたヘルムート・マルコは「彼は自分の席を獲得しなければならない」と語る。

ヘルムート・マルコは、今はより多くのレッドブルのジュニアドライバーがF1に伸し上げるチャンスを待っていると語る。

「シュピールベルクでのこれらのレースについての最初の交渉中に、我々はF2とF3も開催されるよう運動を行った」とヘルムート・マルコは語る。

「我々にとってそれは他よりも重要なことだ。我々はそのような若者に依存しているからね。我々は彼らがどのように進んでいるかを見極める必要がある」

「我々にはF3に2人、F3に3人のドライバーがいる。2021年のドライバー選択は誰が十分に速く、ステップアップする価値があるかがベースとなる」

ヘルムート・マルコは、将来的にドライバーの給与がチームの予算上限に追加される場合、ドライバー市場全体を揺るがす可能性があると語る。

新型コロナウイルス危機によって、メルセデスでさえ、ルイス・ハミルトンに5000万ドルを支払うことに苦労しようだと伝えられたヘルムート・マルコは「それなら他の誰かが支払うことになるだろう」とコメント。

「ペトロナスがチームに少し少なめに転送し、代わりにハミルトンに送るだけでいい。ドライバーの給与の制限は不可欠だ」とヘルムート・マルコは主張する。

「もちろん、現在の契約を履行する必要があるが、できるだけ早くこの分野で何かをしなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / アレクサンダー・アルボン