レッドブル・ホンダF1 「F1は新型コロナウイルス危機から生き延びる」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1が新型コロナウイルス危機を“生き延びる”ことができると確信していると語る。

新型コロナウイルスの世界的な大流行は2020年のF1世界選手権に大混乱をもたらしており、シーズン序盤の8戦は延期・中止となっている。その後のレースも再開の目途は立っておらず、レースが不足することで、F1チーム、そしてF1自体への財政的な影響が懸念されている。

F1はすでに負担を軽減し、コストを節約するための措置を講じており、夏休みを早め、2021年に予定されている技術規制のオーバーホールの導入を2022年までさらに1年遅らせることに同意している。

「F1は非常に強力なビジネスであり、大な遺産を持っている。F1はこれを生き延びることができるだろう」とクリスチャン・ホーナーは BBC に語った。

「だが、すべてのチームがこれを乗り切るかどうかは別の問題だ。スポーツの利益のために行動することはすべてのチームリーダーの責任である。10チームすべてが反対側に到達できるように全力を尽くす必要がある」

「2008年との違いは、当時はまだレースをしていて、カレンダーがあり、イベントがあったことだ。問題をより明確に見ることができたが、現在の我々はより盲目だ」

「我々が再びレースを始めるのはいつになるのか? それは別のシナリオだ。2008年にはプレッシャーがあり、当時の部屋にいた人々(ロン・デニス、フラビオ・ブリアトーレなど)はスポーツの利益について考えていた。現時点では、それを共同で行うことが重要だ」

「現在、世界は別の場所にいる。もちろん、収益は非常に大きな打撃を受ける。F1にどれほどの打撃を与えるかはまだわからない」

「すべてのチームが責任を持って集団的に対応してきた。明らかに、一部のチームは他のチーム、特に小規模なチームよりも露出度が高いし、できる限りF1コミュニティを保護するために最善を尽くすことが重要だ」

F1の上層部は、まだ15〜18レースの開催を望んでおり、夏の“ある時点”でシーズンを開始することを目標としている。先週FIAによって行われた修正により、チャンピオンシップのボスは問題に投票することなくカレンダーを変更できるようになった。

だが、新型コロナウイルスによる経済危機は、F1のオーナーであるリバティ・メディアにも影響を与えている。先月、ナスダックのフォーミュラワン・グループの株価(FWONK)は急落。2020年1月の時点では45.65ドルだった株価は、3月16日に20.51ドルまで下落。これは2016年6月の18.09ドルに次ぐ最低額だ。

クリスチャン・ホーナーは、シーズンが現実的にいつ始まるかは定かではないが、リバティ・メディアの立場についてはあまり気にしていないと主張する。

「正直に言うと、リバティ・メディアの構造は非常に複雑であり、所有者であるLive Nationもイベントビジネスに影響を与えているとしか想像できないだろう」

「しかし、彼らにも十分な資金がある。そして、彼らは常にこれについて長期的な見方をしている。スポーツを継続するために必要なことは何でもしてくれると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1