レッドブル・ホンダF1、フェラーリのF1エンジン問題の議論再開を待つ
レッドブル・ホンダF1は、新型コロナウイルスの問題からF1が回復次第、フェラーリの2019年F1エンジンについての議論を再開する準備を整えている。

新型コロナウイルスが世界的な大流行に発展する前、レッドブル・ホンダは、F1オーストラリアGPで始める新シーズンにむけてメルセデスとフェラーリという主要なライバルに対して抗議する準備ができていた。

レッドブル・ホンダは、メルセデスがレース週末でDAS(デュアル・アスクル・ステアリング)を使用した場合にFIA(国際自動車連盟)に正式に抗議し、フェラーリのF1エンジンについて調査を継続するよう要求する予定だった。

フェラーリの2019年F1エンジンは、シーズンを通してその合法性に疑惑の目が向けられ、シーズン終了後にはさらなる調査のために押収されていた。

FIAは、将来のためにフェラーリと“私的な合意”に達したことを公に発表したとき、問題を取り巻く炎を消すために何もしなかった。元フェラーリのボスがFIA会長のジャン・トッドが特別協定のプロセスに深く関与していたことも疑惑を深めた。

当然、フェラーリを搭載していない7つのF1チームは納得しなかった。メルセデスはフェラーリとの停戦に合意したが、レッドブル・ホンダは問題を解決させるつもりはない。

「現時点では、フェラーリのエンジンはがF1が直面している問題の二次的問題だ」とクリスチャン・ホーナーは BBC Sports に語った。

「我々は他のすべてに対処したい。だが、その問題は後で取り上げられて対処される。我々はFIAにいくつかの問題を提起している」

「私が言えることは、競合他社のマシンの技術的コンプライアンスに関する秘密の合意は明らかに問題を提起するものだということだ」

「そして、適切な時期に、その合意が何のためにどのような構成されているのかを理解するためにジャンと話し合うことになると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ / ホンダF1