レッドブル 「ホンダF1との提携でタイトル獲得の全ての材料が揃った」
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2020年のF1世界選手権でホンダのF1エンジンが“秘密兵器”になるかもしれないと考えており、王者メルセデスとタイトルをかけて戦うことができると考えている。

レッドブルは、2010年から2013年にダブルタイトルを4連覇していたが、2014年にV6ターボハイブリッド時代に突入してからは、メルセデスのその覇権を明け渡すことになった。

レッドブルは、ルノーとは12年間のパートナーシップを解消し、2019年からホンダのF1エンジンを搭載。初年度に3勝を挙げる成績で相性の良さを示した。

クリスチャン・ホーナーは、ホンダのF1エンジンを獲得したことで、F1タイトル奪還にむけた全ての材料が揃ったと考えている。

「我々は非常に強力なチームだと思っている。ドライバーラインナップ、チーム、チーム内の強さと深さ、エンジンパートナーも重要な側面だ」

「それはここ数年で欠けていた要素だった。昨年、我々が3勝、そして、ポールポジションを獲得し、シーズンが進むなかでホンダF1との関係は本当に成長したと思う」

それらの3勝はすべてマックス・フェルスタッペンによってもたらされた。マックス・フェルスタッペンはオーストリアで輝きを放ち、ドイツの波乱に満ちたレースを際し、ブラジルで再び勝利した。今年、チームは安定したドライバーラインナップでさらなる成功を目指している。アレクサンーダ・アルボンはレッドブル・ホンダとの最初のフルシーズンを迎える。

「継続性を備えた2年目に向けて、パワーユニットのシャーシにより統合され、当然、我々の期待が高まっている。今年の目標は非常に高い。それが挑戦だ」とホーナーは言った。

「我々は激しいライバル、偉大な競争相手と戦わなければならない。だが、我々のチームには強さと深さがあり、今年こそ一緒に(F1ワールドチャンピオンに)挑戦をしたいと思っている」

レッドブルは6日間のF1プレシーズンテストで780周を走り込み、総合タイムではフェラーリを上回った。ロングランペースはメルセデスにわずかに後れをとっているが、クリスチャン・ホーナーで自身に満ちあふれている。

「12か月前よりもシーズンむけて準備が整っていると感じている。我々とホンダF1との関係はより成熟しており、レギュレーションは安定している。我々が合理的な形になっていることを期待している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1