レッドブルF1、セバスチャン・ベッテルのチーム復帰の道を遮断
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルがレッドブルに復帰する可能性をほぼすべて閉ざした。

セバスチャン・ベッテルはフェラーリとの契約が2020年で失効するが、チームメイトのシャルル・ルクレールは2024年までチームとの契約を延長しており、フェラーリがルクレールを将来のナンバー1として見据えていることは明らかだ。

そのため、最近、オーストラリアのキッツビュールで開催されたアルペンスキーのワールドカップの場で、レッドブルで4回のワールドチャンピオンを獲得したセバスチャン・ベッテルが、現在の4人のレッドブルのF1ドライバーとともに写真におさまったことは興味深いことだった。

しかし、ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルのレッドブル復帰の憶測を否定した。

「マックスが契約を延長しことで、2人の“V”が一緒にいることを想像することはできません」とヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルとマックス・フェルスタッペンに言及して Motorsport-Magazin に語った。

「財政面だけでもそれは非常に難しいだろう」

しかし、ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルは依然としてF1のトップドライバーだと語る。

「セバスチャンが快適だと感じるならばm彼のドライビングスタイルに合った車を持っているなら、彼は絶対にそこにいる」」

ヘルムート・マルコは、フェラーリでのセバスチャン・ベッテルの主な欠点の一つは政治力だと考えている。

「セバスチャンは非常に率直なアスリートで、政治についてあまり知りたがらないし、戦いたがらない」とヘルムート・マルコは語る。

「ルクレールは、マネージャーの(ニコラス)トッドがいるので有利です。トッドは、それらのすべての分野で非常に優れているのは確かだ。しかし、ベッテルは彼のパフォーマンスで対抗できるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セバスチャン・ベッテル