F1
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2020年のF1世界選手権は“伝統的”なシーズンになり、ドライバーとレギュレーションの継続によってメルセデスとフェラーリとの厳しい戦いになると予想する。

2019年と2020年のF1シーズンの変化はごくわずかであり、新車では昨年末のチームのパフォーマンスレベルがある程度は再現されることが予想される。

1年前のプレシーズンテストではフェラーリが優勝候補に挙げられていたが、メルセデスが8連勝を挙げてシーズン前半戦を支配。後半はフェラーリとレッドブル・ホンダが追いつき、勝利をかけた接戦が展開された。

「ドライバー、レギュレーション、エンジン供給、エンジンレギュレーションとすべての面で継続性がある」とクリスチャン・ホーナーは Motorsport-Total.com にコメント。

「そのため、人が予期しないような手段を見出さない限り、メルセデス、フェラーリ、そして、我々との間での本当にエキサイティングなシーズンを迎えることになると思う」

「本当に伝統的なシーズンになるだろう」

クリスチャン・ホーナーは、異なるタイヤ、ルノーからホンダへのF1エンジンの変更、そして、フロントウイング規則の変更が2019年のスタートに影響を及ぼしたと語る。

「フロントウィングのレギュレーションが変わり、冬の間にタイヤが変わったことは、おそらくライバルよりも私たちに影響を与えたように思う」とクリスチャン・ホーナーは続ける。

「それに、その当時はもちろん、まだ我々はパワー面でキャッチアップしているところだった」

「だが、オーストリア以降は本当にその部分を攻略でき、後半戦の我々は非常に競争力があった」

「2017年を振り返れば、我々はシーズン開幕時に素晴らしいマシンがあり、メルボルンではフロントローを獲得できたはずだったし、第2戦の中国では勝利を収めた。2017年の開幕時は非常に競争力のあるマシンを手に入れていた」

「再びレギュレーションが安定することにより、2019年から2020年にかけて再びそれが再現されると思う」

「他の人が何をしているかを測定することはできない。だが、理論的には、メルボルンの(2020年)マシンは、アブダビの(2019年)マシンのアップグレードになる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1