レッドブルF1代表 「アルボンがF1デビューイヤーだったことを忘れがち」
レッドブルのF1チーム代表クリスチャン・ホーナーは、2019年シーズンがアレクサンダー・アルボンにとってF1デビューイヤーだったことが“忘れがち”だと考えている。

アレクサンダー・アルボンは、成績不振でトロロッソに降格したピエール・ガスリーの後任としてF1ベルギーGPからレッドブルに昇格した。

今年F1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンは、2019年以前にF1カーを運転したことがなかったが、トロロッソでの最初の12レースで感銘を与え、レッドブルのシートを獲得。2020年も引き続きマックス・フェルスタッペンのチームメイトを務めることが決定している。

アレクサンダー・アルボンは、F1日本GPでベストリザルトとなる4位入賞を果たしており、F1ブラジルGPではルイス・ハミルトンにスピンさせられるまで表彰台を争っている。

クリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンは、F1を迅速に学び、理解するアレクサンダー・アルボンの能力を称賛した。

「F1での彼の最初の年であることを忘れがちだ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼はタイヤ、マシンの動作の複雑さをよりよく理解している。日曜日に彼のペースがますます近づいているのがわかる」

クリスチャン・ホーナーは、F1アブダビGPで、アレクサンダー・アルボンがセバスチャン・ベッテルのフェラーリよりも速かったと指摘。セバスチャン・ベッテルは、フレッシュタイヤのためにピットインした後、最終ラップでレッドブルのドライバーに追いついた。

「正直、アブダビでは彼はセバスチャンよりも速くかった。ピットストップを遅らせてセバスチャンに先行しようとしたが、うまくいかなかった」

「その後、彼は自分のペースで走ることができた。彼のペースは間違いなく強くなっている。今年の冬は本格的なプレシーズンテストを過ごすので、正しい手順を踏むことになる。メルボルンでははるかに良くなっているだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アレクサンダー・アルボン