レッドブルF1 「財政規則の導入はトロロッソがいるので大差はない」
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年にF1に財政規則が導入されてもトロロッソと2チーム体制を敷いているおかげで収益面で全体的には大差はないと語る。

F1は2021年に1億7500万ドルの予算制限とより公平な収益分配を含めた財政規則を新たに導入する。

ヘルムート・マルコは、それらの施策は“全体的にプラス”だとしており、レッドブルとしてはほぼ均一になると考えている。

「レッドブル・レーシングの財政ボーナスという点で我々が失う部分は、完全ではないが、トロロッソによってほぼ獲得できる」とヘルムート・マルコは語る。

また、ヘルムート・マルコは、ホンダが2021年もF1を継続するかどうかの決断に近づいていると語る。ホンダはレッドブルとトロロッソの両方にワークスF1エンジンを供給している。

「ホンダはまだ決断していない」とヘルムート・マルコは語る。

実際、新しいレギュレーションとコンコルド協定が有効になる2021年に正式にサインアップしたチームとメーカーはいない。

だが、ヘルムート・マルコは、もうホンダは決断を下すのに十分な情報を持っていると考えている。

「ルールはテーブルの上にあり、エンジン開発がどれくらい安価になるか計算できるよになっている。ダイナモの時間と特定のマテリアルは制限される」

「アブダビでのレースで決断が下されると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / トロロッソ / ホンダF1