レッドブル 「ホンダはF1継続をまだ決断していない」
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、エンジンパートナーのホンダがまだ2021年以降にF1を継続するかどうかを決定しておらず、チームのF1継続もまだ確定していないと語る。

リバティ・メディアは、2021年に導入する新しいレギュレーションを発表。パワーユニットに関しては大きな変更はなく、コストが大幅に増加することはない。

レッドブルは、マックス・フェルスタッペンとの契約更新についてはシーズン終了まで開始することはないことをすでに認めているが、ヘルムート・マルコは、ホンダがF1から撤退することを決断した場合、レッドブルも撤退を検討する可能性があることを以前に示唆している。

だが、2021年のF1レギュレーションが開示されたことで、ヘルムート・マルコはホンダがまもなく決断を下すと予想している。

「ホンダはまだ決定していない」とヘルムート・マルコは Motorsport-Magazin にコメント。

「今、ルールはテーブルに並んでおり、今後、エンジン開発がどれくらい安価になるかを計算することができる。ダイナモでの時間や異なるマテリアルは制限される」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1