F1 レッドブル
レッドブルは、グリッドで最高のシャシーを作るチームであると広く知られており、それが過去にタイトル4連覇の大きな助けとなった。しかし、F1チームを務めるクリスチャン・ホーナーは、今季のレギュレーション変更によってフロントウイングがいかに重要であるかをレッドブルは認識できていなかったと考えている。

今年からホンダのF1エンジンを搭載するレッドブルは、エイドリアン・ニューウェイ率いるデザインチームが優れたシャシーを提供することを期待していた。

だが、レッドブルはプレシーズンテストからパフォーマンスを発揮できず、特にフロントウイングを重要度を見誤っていた。

「ルール変更は大きな痛手だったと思う。フロントウイングの使用が不可欠であり、最初に我々はそれを認識できていなかった」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「今ではルールをコントロールできるようになっており、空力を復元する方法を把握している。だが、新しいタイヤと相まって、我々のシャシーは苦戦を強いられていた」

F1オーストリアGPで改良版のフロントウイングを投入したレッドブルは初勝利を挙げ、夏休み前の4戦で2勝を挙げることに成功した。

「最近、我々はシャシーに関して順調に進歩しており、そのラインを維持できることを期待している。それはまだ最も改善の余地がある部分だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1