F1 レッドブルF1
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、コンストラクターズ選手権でフェラーリを上回るためには“ダブル入賞”が必要だとピエール・ガスリーに奮起を促している。

今年、レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンが2勝、2度の3位表彰台を含め、全てのレースを5位以上でフィニッシュしているが、ピエール・ガスリーはF1イギリスGPで4位を獲得したものの、5位以上は2回だけで、3度のノーポイントレースがある。

現在、レッドブル・ホンダはコンストラクターズ選手権2位のフェラーリに44ポイント差まで迫っているが、クリスチャン・ホーナーはフェラーリを上回るためにはピエール・ガスリーがもっと多くのポイントを獲得する必要があると語る。

44ポイント差を埋められるかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「我々がダブル入賞をしていくことができればね」と語った。

F1ドイツGPでは、ピエール・ガスリーが、アレクサンダー・アルボンと接触してリタイアしてノーポイントに終わっている。

ピエール・ガスリーの週末についてクリスチャン・ホーナーは「浮き沈みがあった」とコメント。

「予選は良かったが、1回目のピットストップは難しかった。右リアのホイールナットに問題があった。それに全部のクルマが列をなして入ってきたので、彼をホールドしなければならなかった」

「彼は回復し始めていた。最後のリスタートではベッテルを抜いていた。だが、ターン1で3周連続で膨らみ、他のクルマに抜かれていた」

「そのあと、アルボンとのレースがあり、彼らはお互いに接触した。フェラーリから多くのポイントを奪う良いチャンスだったのでフラストレーションを感じた。20ポイントは奪えたところを7~8ポイントしか奪えなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1