F1 レッドブル・ホンダ フェラーリ
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1イギリスGPでマックス・フェルスタッペンには2位表彰台を獲得する可能性があったとし、セバスチャン・ベッテルによる追突に“非常にフラストレーションを感じている”と語る。

マックス・フェルスタッペンは、ストウでセバスチャン・ベッテルを抜いて3番手に浮上したが、やや膨らんだことでベッテルは次のコーナーで反撃を試みた。

しかし、セバスチャン・ベッテルはブレーキをロックさせてマックス・フェルスタッペンに追突。2台はグラベルへと飛び出し、シャルル・ルクレールが3位でフィニッシュ。マックス・フェルスタッペンは5位まで挽回した一方で、セバスチャン・ベッテルは10秒加算ペナルティが科せられ16位でレースを終えている。

「もちろん、我々観点からすると、マックスは保証されていた表彰台を奪われたので、非常にフラストレーションを感じている」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「バルテリ・ボッタスは2度目のピットストップを行ったので、彼は確実に2位だっただろう。バルテリが彼を捕えられるかどうかは様子をみなければならなかったがね。非常にフラストレーションを感じている」

「彼のクルマがバラバラにならなかったのは驚くべきことだった。ダメージを受けたクルマで続行できたのはかなり信じられないことだった。少なくとも彼はレースを完走し、ポイントを獲得することができた。非常にフラストレーションを感じている。彼はセブを見事に追い抜いた。セブがロックして彼にぶつかってきたのは完全なミスジャッチだったとしか想像できない」

「ベッテルのの何が悪いかを言うのは不可能だ。残念ながら、彼はミスを犯し、我々はそれによって不利益を被った。だが、彼は私たちと同じくらいフラストレーションを感じていると確信している」

マックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールと大分部で戦っていたため、本来の潜在的なペースは見せられなかったが、クリスチャン・ホーナーはメルセデスの方がレッドブル・ホンダよりも有利だったと考えており、レース終盤はエキサイティングなものになっていたはずだと語る。

「マックスとルクレールのレースは素晴らしいものだったと思う。本当に素晴らしいレースだった。最初のスティントでいくつかの本当に良いホイール・トゥ・ホイールの戦いがあった。ルクレールは最初はソフトタイヤの恩恵を受けていた。しかし、マックスは温度を発生させた後は彼が激しくプッシュしていた。フェラーリはストレートで本当に速く、ここで抜き去るのはとても難しい。だが、彼は試みることを諦めなかった」

「そのあとピットストップを行った。ルクレールが同時に入ってきて、スタッフはルクレールより少し先に完了させた。彼はモナコよりもここにはもっと広いスペースがあるという彼の教訓を学んだのだろう。ピットレーンを並んだ走りながらコース上でポジションを得たが、コールドタイヤで彼はターン3で膨らんだ。私はそうであったと考えている。それによってルクレールにポジションを奪いかえされてしまった。彼ら間にはいくつかの素晴らしいレースがあったし、我々の方が速いクルマを持っていると感じていた」

「我々がメルセデスに匹敵するペースを持っていたかどうかはわからない。物事が進んでいたいれば、ボッタアスを倒せたかもしれない…彼がセバスチャンを追い抜いたときでさえ、彼はボッタス対してトラックポジションを持っていたであろう。ボッタスが最終パートで問題を管理していたかどうかはわからないが、彼は確かにトラックのポジションを持っていたはずであり、バルテリをパスしていたはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1イギリスGP