F1 レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダは、F1イギリスGPで映画『007』とコラボレーションしてF1イギリスGPを戦った。

F1の1007年目となったF1イギリスGP。レッドブル・ホンダのタイトルスポンサーを務めるアストンマーティンは、映画『007』でジョームス・ボンドが運転する数々のボンドカーを提供しており、ジェームズ・ボンドの映画の製作会社『イーオン・プロダクション』との協力により、様々なコラボレーションを行った。

2台のRB15のリアウイングを含めた各所に007のロゴが追加され、マックス・フェルスタッペンのマシンには『007 ゴールドフィンガー(1964年)』、ピエール・ガスリーのマシンには『007 リビング・デイライツ(1987年)』のアストンマーティン V8のナンバープレートが追加された。

また、決勝ではマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーが007でジェームズ・ボンド役務めたダニエル・クレイグのシングルブレストのディナースーツを模したレーシングスーツを着用。

ピットには007でジェームス・ボンド役を務めるダニエル・クレイグが訪問。レース前にはマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーが、ボンドカーとして代表的『アストンマーティン DB5』で走行を行った。

F1イギリスGPでは、ピエール・ガスリーが4位、マックス・フェルスタッペンが5位でフィニッシュしている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1イギリスGP