F1 レッドブル ルイス・ハミルトン
レッドブルのモータスポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1カナダGPのセバスチャン・ベッテルがペナルティの対象になったのであれば、F1フランスGPでのルイス・ハミルトンの危険なコースへの合流にもペナルティを科すべきだと語る。

F1カナダGPでのセバスチャン・ベッテルの5秒加算ペナルティについての議論は、レース以降、F1の見出しを躍らせてきた。

フェラーリは、ペナルティについて再審を請求したが、FIAは却下し、裁定は覆らなかった。

F1フランスGPのフリー走行2回目では、ルイス・ハミルトンがボラードを跳ね飛ばしてコースオフ。マックス・フェルスタッペンのライン上に戻ったことでフェルスタッペンは回避行動を取らざるを得ず、このインシデントは議論を呼んだ。

しかし、F1フランスGPのスチュワードは、ルイス・ハミルトンにペナルティを科さないことを決定している。

「我々がF1レースに参加していることを忘れてはならない」とヘルムート・マルコは Express に語った。

「私にとしては罰すべきものではないが、どういうわけか結果が出ている。カナダの方針を続けるのであれば、ハミルトンは罰せられるべきだ。グリッドペナルティを科してもいいかもしれない」

ヘルムート・マルコは、スチュワードの判断には感心できないが、マックス・フェルスタッペンはルイス・ハミルトンの行動について不満は言っていなかったと語る。

「マックスは、彼(ハミルトン)が単に自分を見ていなかったと考えていた」ヘルムート・とマルコは付け加えた。

「それがマックスがコースを外れた理由だが、彼はまったく文句を言っていなかった」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル