F1 ダニエル・リカルド ルノーF1
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ルノーF1チームはダニエル・リカルドを騙してチームに加入されたとほのめかした。

ダニエル・リカルドは、昨シーズン限りで7勝を挙げたレッドブル・レーシングを離れ、今年からミッドフィールドを戦うルノーF1チームに移籍。その決定は衝撃を与えるともにステップダウンではないかとの懸念の声が挙がっていた。

今年、ルノーは、2018年の“ベスト・オブ・ザ・レスト”を維持するために進歩することを約束したが、今シーズンここまで状況はスムーズに進んでいない。ルノーのF1エンジンは信頼性問題に見舞われ、R.S.19のパフォーマンスを解放することができず、コンストラクターズ選手権で7位に沈んでいる。

ヘルムート・マルコは、ルノーは彼らの目標を達成するためのデータを提示することに“非常に優れて”おり、ダニエル・リカルドは嘘の約束に騙されたと考えている。

ダニエル・リカルドは、レッドブルが2019年からパートナーを組んだホンダのF1エンジンを信頼することができなかったことを移籍した理由のひとつに挙げている。

「ルノーはそれを得意としている」とヘルムート・マルコは Motorsport-Total に語った。

「彼らは我々に何度もチャートを見せた。来年はエンジンが巨大な進歩を果たすことを示していた。彼はそれを信じたのだろう」

ダニエル・リカルドはメルセデスやフェラーリへの移籍、もしくはレッドブルと1年契約を延長すると考えられていたが、それらのシナリオがどれも実現しなかった。

「彼がフェラーリ、メルセデスに行くか、レッドブルに残るかに関わらず、彼が夏に決心したストーリーを読むべきだ。それは彼が想像していたものとは非常に異なり、Netflixの人々がそれを望んでいたものとも非常に異なるものとなった」とヘルムート・マルコは語る。

ヘルムート・マルコは、ダニエル・リカルドがレッドブルとの契約の1年延長にサインしなかったことにショックを受けたと語る。

「私にとっては、すべてが問題ないように思えた」とヘルムート・マルコは語る。

「我々はオファーを改善し、オーストラリアの個人スポンサーを含め、彼が改善を必要としていると思ったすべてを話し合った。そして、それは比較的長い交渉だった」

「ハンガリーのテストの後、すでに私はそれ以上のものは出せないと思っていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルノー / ダニエル・リカルド