F1 レッドブル ホンダF1
レッドブルは、2019年のホンダのF1エンジンはメルセデスに対して10馬力の差があると考えているが、すぐにアップグレードされてその差を埋めてくれることを期待している。

今年からルノーに代えてホンダのF1エンジンを搭載するレッドブル・レーシングは、その初戦となったF1オーストラリアGPでマックス・フェルスタッペンが3位表彰台を獲得。フェラーリの2台をコース上のバトルで倒した。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「メルセデスの好調さがメルボルン固有のものであることを願っている」と Auto Motor にコメント。

「我々はフェラーリの前だった。だが、最終的に我々は全員の前にいたいと思っている」

レッドブルは、ホンダのF1エンジンを搭載したパッケージに自信を持っており、RB15の強みはエンジンだとヘルムート・マルコは語る。

「パッケージの最も優れている部分はエンジンだ。我々はシャシーを改善する必要がある」とヘルムート・マルコはコメント。

「我々はダウンフォースが少なすぎた。それはエンジンのパフォーマンスを補わなければならなかった過去5年に生まれたコンセプトだ。我々は常にできる限りストレートで空気抵抗を減らすことに目をむけていた。我々がメルボルンで大きなウイングをつけられなかったのはそのためだ。それらっは我々の想像力には存在していなかった」

しかし、ヘルムート・マルコは、レッドブル・ホンダはまだメルセデスよりも少ない馬力で走っていると考えている。

「ホンダの取締役はすぐにもっと多くの馬力を届けてくれることを約束してくれている。我々の前の人々に追いつけるかは我々のシャシー開発次第だ」

「タイトル争いに参加するためには最低でも5勝が必須だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1