F1 チャーリー・ホワイティング
レッドブル・レーシングは、チャーリー・ホワイティング逝去のニュースを受け、真っ先に哀悼の意を表したプレスリリースを発行した。

FIA(国際自動車連盟)のF1レースディレクターを務めていたチャーリー・ホワイティングは、2019年のF1世界選手権が開幕する前日の夜、肺塞栓症によってこの世を去った。66歳だった。

レッドブル・レーシングは「私たちはチャーリー・ホワイティング氏が亡くなったというニュースを聞き、ショックを受け、悲しんでいます。彼の家族、ご友人、同僚に心から哀悼の意を表します」と声明で述べた。

「F1は最も忠実で勤勉な大使を失いました。彼がいなくなり、パドックは寂しい場所になるでしょう。チャーリーのF1への貢献は計り知れません。彼の逝去は我々のスポーツに大きな空隙を残ります」

クリスチャン・ホーナー (レッドブル・レーシング チーム代表)
「チャーリー・ホワイティングが昨夜亡くなったという訃報を聞き、深く悲しんでいます。 チャーリーはこのスポーツにおいて重要な役割を果たしてきました。そして、何年もの間、レースディレクターとして審判であり、理性の声でした。彼は、素晴らしい誠実さのを持った人だり、バランスの取れた方法で困難な役割を果たしてきました。 彼はヘスケスとブラバムの初期の頃にまで遡る心からのレーサーでした。アストンマーティン・レッドブル・レーシングの全員を代表して、彼の家族と友人たちに心からお悔やみを申し上げます。チャーリーは偉大な男でした。F1パドック全体、そして、より広いモータースポーツ界の誰もが悲しむことでしょう」

レッドブル・レーシングだけでなく、チャーリー・ホワイティングの訃報を受け、F1チーム、ドライバー、レース関係者らがソーシャルメディアを通じて哀悼の意を表している。

関連:F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングが急死

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | FIA