F1 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ
ピエール・ガスリーは、2019年のF1世界選手権ではレッドブル・レーシングとホンダから全面的なサポートを受けることになるが、レースシートを維持したければ、パフォーマンスを発揮しなればならないとヘルムート・マルコは語る。

レッドブルのドライバープログラムを統括するヘルムート・マルコは、ドライバーに冷酷なことで悪名高く、最も最近ではブレンドン・ハートレーが切り捨てられている。

2019年にピエール・ガスリーとレッドブル・ホンダでチームメイトを務めるマックス・フェルスタッペンは、ガスリーを高く評価している。

「ダニエルがルノーに移籍することが明らかになったとき、ピエールが加入するだろうことは明らかだった」とマックス・フェルスタッペンは Speed Week にコメント。

「彼は素晴らしい男だ。カード時代から彼のことは知っている。彼は率直で、頭が良く、親切だ。これ以上のチームメイトは求められない」

しかし、ダニエル・リカルドの離脱とピエール・ガスリーの昇格はレッドブル・レーシングにとっては想定外であり、チーム代表のクリスチャン・ホーナーもガスリーの昇格が計画よりも早まったことを認め、スピードを上げるために時間を与える義務があると語っている。

だが、ヘルムート・マルコの考えは違うようだ。

「サッカーでもことだ。パフォーマンスを発揮できなければ、ベンチに座ることになる」とヘルムート・マルコはコメント。

「ガスリーは自分が速いことを証明してきた。これから我々は彼にもう少し規律を教え込む必要がある」

「だが、彼はチームから多くのサポートを受けている。我々は彼がそれを成し遂げてくれると確信している」

ピエール・ガスリーは、自分がF1にいるのは“勝つため”であるが、まだ学ばなければならないことがあると認める。

「今年はF1での2シーズン目だし、まだ学ばなければならないことはわかっている」とピエール・ガスリーはコメント。

「僕たちは常に経験を積んで成長しているし、自分が改善していくことはわかっている。でも、自分がF1にいるならば、それは勝つためであるのは明らかだし、いつかワールドチャンピオンになるためにやっている」

「その経験を積むには時間がかかるし、ワールドチャンピオンになるには最高のドライバーを倒さなければならない。現時点でマックスは明らかに最高のドライバーのひとりだ。だから、マックスがチームメイトなのは僕にとって素晴らしいチャンスだし、比較でもある」

「またシーズンの具体的な目標は決めていない。クルマがどれくらい競争力があるかわからないからね」

「レギュレーションが変更になり、僕たちはエンジンサプライヤーを変更した。21戦で3基のパワーユニットしか使えないし、それは難しい状況だ。僕が誤解いていなければ、昨年僕たち(トロロッソ・ホンダ)は8基のエンジンを使用していた」

「でも、レッドブルが良いクルマを生み出して、表彰台や勝利を争うチャンスを得られるならば、それを生かすつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1 | ピエール・ガスリー