F1 レッドブル・ホンダ FuturoCoin
レッドブル・ホンダは、仮想通貨のFuturoCoinとのスポンサー契約を発表。F1界で初めて仮想通貨企業とのスポンサー契約となった。

近年、フォーミュラEでは多くのチームやドライバーが仮想通貨の企業と提携してある種のブームとなっていたが、F1に仮想通貨業界が進出するのは始めてとなる。

レッドブル・レーシングは2月5日(火)にFuturoCoinとの複数年契約を発表。FuturoCoinのブランドが2019年F1マシン『RB15』、チームのトランスポーター、ドライバーのレーシングスーツに掲載される。

レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは「近年、ブロックチェーン技術と暗号通貨の台頭は目覚ましいものとなっており、我々はFuturoCoinとのパートナーシップを通して、それを活用する最初のF1チームになることを嬉しく思う」とコメント。

「安全なデジタル通貨は技術開発の最先端にあり、我々はこの革命の一員になることを非常に楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1スポンサー