F1 レッドブル・ホンダ
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2019年にレッドブル・レーシングに加入するピエール・ガスリーが“ナンバー2ドライバー”として扱われることはないと主張する。

昨年、トロロッソ・ホンダで初のF1フル参戦を果たしたピエール・ガスリーは、バーレーンGPで4位入賞を果たすなど印象的なパフォーマンスを発揮し、ダニエル・リカルドの後任としてレッドブル・レーシングに昇格することが決定した。

しかし、レッドブル・レーシングには同社が将来のワールドチャンピオンとして期待を寄せるマックス・フェルスタッペンがチームでの4年目を迎えることもあり、ホンダを新たなF1エンジンパートナーとして迎えてタイトル奪還を目指す今年は、フェルスタッペンを中心にチームが回っていくことが示唆されていた。

だが、ヘルムート・マルコはマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーは、レッドブル・ホンダで対等に扱われると語る。

「ガスリーがセカンドドライバーとして扱われることはない」と Auto Bild にコメント。

「我々レッドブルはそのようなことはしない。それにダニエル・リカルドが気づいていたように、昨年マックスはさらに成長した。ガスリーがチームに慣れて、トップを争えるようになるには時間が必要だが、マックスはガスリーにそのための猶予を与えるだろう」

「私個人としては、予選での速さという点でガスリーはリカルドよりもマックスに肉薄すると感じている」

ピエール・ガスリーも、新しいチームに適応するには時間が必要だと認めているが、単純にフェルスタッペンのサポート役に回るつもりはないとしており、ホンダとの関係性がフェルスタッペンより有利な立場に導いてくれるだろうと考えている。

「ホンダとのコミュニケーションの取り方や彼らの仕事の仕方を知っているのは重要なポイントだ。僕たちとホンダとでは文化が違うからね」とピエール・ガスリーはコメント。

「日本の文化はヨーロッパの文化とはまったく異なる。ホンダのスタッフ達の仕事の仕方は僕たちが知っているものとは少し違っている。一緒に仕事をしていく上では慣れなければならない。その点に関しては僕の方がマックスより有利なのは間違いない」

ピエール・ガスリーは、2019年からフェルスタッペンのレベルに達することを目指しており、強力なチームメイトがいることは自分を高めることにも繋がると考えている。

「現在のベストドライバーの一人がチームメイトであることは僕にとって大きなチャレンジになるだろう」とピエール・ガスリーはコメント。

「僕が競争力を発揮するには少し時間がかかるかもしれないけど、ここでナンバー2ドライバーになるつもりはない。そんなこと望んではないし、満足できるわけがない」

「それらの作業には時間がかかるし、マックスはパドックで最速のドライバーのひとりだ。それは僕にとって本当にエキサイティングなことだ。自分をより高いレベルに引き上げてくれるからね。シーズンを通して自分が向上していくのは確かだ」

ルノーからホンダにF1エンジンを変更するレッドブル・レーシングの2019年シーズンには大きな注目が集まっており、ピエール・ガスリーの野望の大部分はマシンのパフォーマンスによって決定することになるだろう。

「勝てるクルマに乗れるならそうしたいけど、トップ5を十分に争える優れたクルマしか得られない場合はそれがゴールにになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1 | マックス・フェルスタッペン | ピエール・ガスリー