F1 レッドブル・レーシング ホンダF1
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダとの初年度となるため2019年のF1世界選手権でワールドチャンピオンを目標にできないという“言い訳”をするつもりはないと語る。

レッドブル・レーシングは、シャシーの性能には自信を持っており、現在の非力なルノーのF1パワーユニットではなく、ホンダのワークスエンジンを搭載することで今よりも競争力を発揮できると繰り返し語っている。

レッドブル・レーシングのドライバーを務めるマックス・フェルスタッペンは、2019年シーズンについて楽観的ではあるが、慎重な姿勢もみせている。

「少なくともシーズン序盤は僕たちが最強だとは思わないけど、もっと強くなるシーズン後半にはできるだけ良い状態である必要がある」とマックス・フェルスタッペンは語っている。

しかし、ヘルムート・マルコの口調は異なる。

「我々は史上最年少ワールドチャンピオンを獲得したい」とヘルムート・マルコはマックス・フェルスタッペンに言及。

「チームには“言い訳はできないぞ”と伝えてある」

ヘルムート・マルコは、2019年のエンジンパートナーであるホンダは、すでに現在のサプライヤーであるルノーよりも“前にいる”と語る。

トロロッソは、ホンダが2019年シーズンに準備できるように戦略的なエンジンペナルティを受けて協力している。

「トロロッソは、2019年という大切なシーズンのために彼らのシーズンを犠牲にしている」とヘルムート・マルコはコメント。

「それが来年を最大限に生かすための我々の戦術だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1