F1 レッドブル・レーシング ホンダF1
レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、今年のルノーとの状況を管理しながらも、2019年のパートナーであるホンダに進歩に注目していると語る。

レッドブル・レーシングは、今シーズン限りでルノーとのパートナーシップを終了し、2019年からホンダのF1パワーユニットを搭載。現時点でホンダのF1エンジンはルノーに劣っているが、早ければ次戦F1ロシアGPでルノーを上回る750馬力を発生される“スペック3”エンジンを投入するとされている。

「我々は目にしているものに励まされているが、まだ時期尚早だ」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「だが、ホンダ内には非常に強い欲求があり、パートナーとして働いていくこと素晴らしいことだ。我々はレッドブル・レーシングの次のチャプターを楽しみにしている」

だが、クリスチャン・ホーナーは、今年のレースを捨てたわけではないと強調する。

「その前に我々は既存のパートナーと終えなければならないレースが6レースある」

レッドブル・レーシングは、F1イタリアGPでルノーの“Cスペック”エンジンを投入。ワークスチームは信頼性の懸念を理由に導入を見送っているそのエンジンは、F1シンガポールGPでマックス・フェルスタッペンに多くのトラブルをもたらした。

レッドブルは、Cスペックを再び走らせられるようにマッピングの問題を解決できることを期待しているが、クリスチャン・ホーナーは次戦ロシアGPでは旧型の“Bスペック”の新品を投入してペナルティを受ける可能性が高いと語る。

Cスペックの問題を解決できるかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「次回にこのエンジンを使うときまでにはうまく整えられていることを期待している」とコメント。

「次のグランプリではBスペックを使用する可能性が高い。ソチへの準備段階でそれを検討しなければならない。だが、残念ながら、それはペナルティを科せられることになるだろう」

Bスペックエンジンは少なくとも信頼性が確保されてはいる。しかし、Cスペックとは仕様が多少異なっているため、マシンに変更を加える必要がある。

レッドブルは、ルノーのCスペックのパフォーマンス改善に積極的であり、報道によるとCスペックは、ルノーとマクラーレンが仕様するカストロールのオイルよりも、レッドブルが使用するエソソンモービルの方が優れたパフォーマンスを発揮するとされている。

クリスチャン・ホーナーは、シンガポールでマックス・フェルスタッペンに発生した問題は、湿気の高いコンディションでルノーのエンジンが正しくマッピングされていなかったことが原因だと語る。

「エンジンはあのような周辺環境でトルクを発生させることに最適化されていなかった」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「それは週末を通して問題となっていた。遅いラップでもそうだった」

「スタッフはできる限りベストな方法でバッチを当てるために素晴らしい仕事をしてくれた。だが、トルク伝達には一貫性がなく、それが原因でギアボックスとシンクせず、ギアボックスを守るためにニュートラルに入ってしまっていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1