F1 レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、ホンダとルノーのF1エンジンに差はほとんどないと語り、改めて2019年にホンダのF1エンジンを搭載することは正しい決断だと繰り返した。

レッドブル・レーシングは、今シーズン限りでルノーとの12年間のパートナーシップを終了し、2019年からは同チームにとって初のワークス待遇となるホンダとのパートナーシップを開始する。

ホンダはF1カナダGPでパワーユニットに大幅なアップグレードを投入したが、最近のレースではそれほど大きなパワー向上は現れていないように見える。

それでも、クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングにとって2019年にホンダのF1パワーユニットに変更することはそれほど大きなリスクではないと語る。

「2つのエンジンの状況はほぼ似たようなものだ」とクリスチャン・ホーナーは Auto Hebdo にコメント。

「だが、開発のポテンシャルとしてホンダの方がより多くの伸びしろがある」

「ルノーはシルバーストーンで非常に難しい週末を過ごした」とクリスチャン・ホーナーは続ける。

「我々は攻撃と防御の両方であからさまにパワーが不足していた」

「埋めなければならないギャップはある。だが、我々は本当に大きな信頼を寄せている。とくに彼らが進めているものを考えればなおさらね」

「保証はない。だが、我々が目にしてきた進歩はそれを信じるために励みになるものだった。少しずつではあるが、我々はそこにたどり着くだろう」

また、 Auto Motor und Sport には「オーストリアとシルバーストーンの最後の2戦のサンプルで我々が見たところでは、エンジンのパフォーマンスは現在の我々のサプライヤー(ルノー)の位置にかなり近いことが確認できている」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「ホンダは正しい軌道を進んでいるように感じている。彼らは正しいゴールと目標を持っているように思うし、我々はこの新しい関係への移行において、より協力的な方法と彼らと仕事をしていくことを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル