F1 レッドブル・レーシング ルノーF1 ホンダF1
レッドブル・レーシングは、今後数日で決断を下さなければ2019年のオファーを取り下げるというルノーの最後通告を無視。オーストリアGPまでに決断を下すとの姿勢を曲げない。

現在、レッドブル・レーシングは、過去にダブルタイトルを4連覇したルノーとの契約を更新するか、もしくは姉妹チームのトロロッソにF1パワーユニットを供給するホンダとワークス契約を結ぶかを検討している。

前戦F1カナダGPでは、ホンダとルノーの両メーカーが今シーズン最初のパフォーマンスアップグレードを投入。当初、レッドブル・レーシングはF1カナダGPの両メーカーのパフォーマンスを分析して決断を下すとしていた。

ルノー・スポールF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アブテブールは「彼らが待つことを望んでいたのはモントリオールであり、我々の新スペック、ホンダの新スペックだった。彼らはすべての情報を持っている。これ以上遅らせる理由は絶対にないはずだと思っている」とコメント。

姉妹チームであるトロロッソ・ホンダのデータを確認できるレッドブル・レーシングは、ホンダがF1カナダGPで投入した新スペックのF1パワーユニットによってコンマ3秒のパフォーマンス向上を果たしたと語っている。

一方の現在レッドブル・レーシングのエンジンサプライヤーを務めるルノーもホンダと同じように改善を果たしていると主張している。

「メルボルン以降の改善は、バルセロナで投入した新しい燃料によるコンマ1秒を含めてコンマ3秒だ」とルノーのエンジン・テクニカルディレクターを務めるレミ・タフィンはコメント。

「それは約20馬力に相当するもので、我々の期待に沿っている。我々はすでに夏のファクトリー閉鎖後の次の進化に取り組んでいる」

そして、ホンダと天秤にかけられている格好のルノーはもはやレッドブル・レーシングの決定をこれ以上待つことは拒否すると警告している。

「すでに遅れているし、タイミングを決めるのはルノーだ。レッドブルではない。ある時点を過ぎれば、我々のオファーはもう成立しなくなる。それは彼らが要求したものだ」とレッドブル・レーシングに提案している2019年以降のオファーを取り下げることも辞さない姿勢を見せている。

「彼らはモントリオールで我々の新しい仕様とホンダの新しい仕様を確認した。彼らはすべての情報を持っている。これをさらに遅らせる理由などまったくないはずだ。オーストリアでは我々のオファーはもはや成立しない。彼らはホンダと交渉しなければならないだろう。我々のオファーは今後数日で受け入れられなければならない」

しかし、レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、さらに次戦F1フランスGPでデータを収集し、7月のF1オーストリアGPまでに決断を下すとのこれまでのプランを変更するつもりはないとしている。

「我々はカナダとフランスでもっとよく調べていく。そうすれば、我々の選択が決まるだろう」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ルノーが数日の遅れになぜそこまで大騒ぎするのかわからないと主張する。

「フランスかオーストリアかに関わらず、数日にすぎない。急に何がそこまで重要になっているのか私にはわからない」とヘルムート・マルコはコメント。

「フランスGPとオーストリアのレースの間に我々の決定を発表する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ルノー | ホンダF1