F1 レッドブル・レーシング ホンダF1
レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2019年のパワーユニットサプライヤーとしての選択肢はホンダだけではないと語る。

マクラーレンがルノーのカスタマーとなったことで、供給枠をあぶれたトロ・ロッソは201年からホンダのF1パワーユニットを搭載することになった。さらにルノーは、2018年以降はレッドブルとのパワーユニット供給契約を延長する意向はないことを伝えているとされている。

そのため、2019年からレッドブルはホンダのパワーユニットを搭載せざるを得ない状況にあると考えられている。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングには将来の供給に関して少なくともルノーとホンダのどちらかを選ぶことができると主張する。

「我々にとって素晴らしいのは選択肢があるということだ。これまでにはなかった状況だ」とクリスチャン・ホーナーは RACER にコメント。

「我々はそれらの選択肢を評価することに時間を費やし、シーズン中にベストな状況に基づいた決断を下していく」

クリスチャン・ホーナーは、F1復帰から4シーズンを迎えるホンダのF1パワーユニットがどれくらい強力なものになっているかを見極めるためにトロ・ロッソの戦いぶりに非常に注意を払っていくことになると認める。

「もちろん、レッドブルはホンダを密接にフォローしていくことになるだろう。トロ・ロッソにとっては素晴らしい契約だ。ホンダはF1で大きな功績を残しているし、彼らには欲望と野心がある。姉妹チームとして我々はシーズン前半の彼らの進歩に注目し続けていく」

レッドブルとルノーとの契約は2018年末で終了するが、トロ・ロッソはホンダと3年契約を結んでおり、現在のパワーユニットレギュレーションが終了する2020年までホンダのF1パワーユニットで戦うことになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル