レッドブル F1 カルロス・サインツ
レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、他チームから適切な契約解除金のオファーがあれば、カルロス・サインツはトロ・ロッソを離れることができると述べた。

レッドブルと契約しているカルロス・サインツ(22歳)は、今年トロ・ロッソでの3シーズン目を戦っているが、2018年に4シーズン目を迎えるつもりはないと発言。レッドブル・ファミリーと決別するとの噂を呼んでいる。

先週、Auto Bild は、カルロス・サインツが、10戦を終えた時点でノーポイントと結果を出せていないジョリオン・パーマーに代わって、F1ハンガリーGPでルノーのシートに座ると報道した。

F1イギリスGP後、クリスチャン・ホーナーは、カルロス・サインツの件について慎重に言葉を選びつつも、節々で移籍を容認する発言をした。

「そのような噂がどこから生まれたのかわからないが、それはハンガリーでのレースにむけての噂だとは思えない」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

クリスチャン・ホーナーは、現段階では何もオファーは届いていないとし、財政的に意味のあるものでなければ、カルロス・サインツを放出するという決定はないと強調した。

「カルロス・サインツはレッドブル・レーシングと契約しており。契約は2年残っている」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「誰かがオファーをする準備ができているのであれば、もちろん、我々はそれを検討するだろう」

「だが、それには大きな価値がもたらされなければならない。我々はカルロスに巨額の投資をしてきた・・・財産をただ手放すわけにはいかない」

Auto Bild レッドブルが、カルロス・サインツの解除金を800万ドル(約9億円)に設定していると報道。レッドブルのヘルムート・マルコとルノーF1のシリル・アビテブールがすでに契約の合意にむけて交渉を行っていると伝えている。

トロ・ロッソは、F1イギリスGPの決勝でチームメイトが同士討ちを演じ、カルロス・サインツはリタイア、ダニール・クビアトはドライブスルー・ペナルティを科せられて15位でレースを終えている。

レース後、トロ・ロッソのチーム代表フランツ・トストは「現在の私の知識によれば、カルロスはハンガリーで我々と走る」とだけコメントしている。

トロ・ロッソは、歴史的にレッドブルの下位チームとして存在しており、これまで多くのレッドブル・ジュニア・ドライバーがトロ・ロッソを経て、レッドブルへと昇格している。

しかし、2018年のレッドブルのシートはダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンで埋まっており、空席はない。

レッドブルは、ジュニアドライバーで2016年のGP2チャンピオンであるピエール・ガスリーをトロ・ロッソでF1デビューさせたいと考えているとされており、カルロス・サインツがチームを離れない場合、ダニール・クビアトのシートが危うくなる。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、2018年もダニール・クビアトがトロ・ロッソで走る可能性を示唆している。

「彼のパフォーマンスを実際に詳しく見てみれば、彼はかなりいい走りをしている」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「我々は12月31日にまでに将来について決断しなければならないが、今年の彼に関しては表面下ではここまでかなり適切な一年を過ごしている」

トロ・ロッソに関しては、シルバーストンでもうひとつホットな話題が噂された。

Auto Motor und Sport は、ホンダが2018年にトロ・ロッソにF1パワーユニットを供給する可能性があると報じた。

「レッドブルのBチームは成長しており、ホンダと独自路線を進むことになるかもしれない」と通信員のミハエル・シュミットは述べた。「決定は夏に予定されている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / カルロス・サインツJr.