レッドブル F1
レッドブルは、2017年F1シーズンの8戦を終えた時点でのレース周回数でマクラーレン・ホンダを下回って全チームで最下位となっている。

F1アゼルバイジャンGPでは、マックス・フェルスタッペンが12周目にエンジン故障。今シーズン4度目のリタイアを喫した。

マックス・フェルスタッペンは、バーレーンGPでは12周目にブレーキトラブル、スペインGPではオープニングラップで接触、カナダGPでは11周目に電気系トラブルでリタイアを喫しており、全22名のドライバーで最初の277周しかできていない。

チームメイトのダニエル・リカルドは、2度のリタイアを喫して408周。レッドブルは合計で685周しか走れていない。

一方、ホンダのF1パワーユニットに信頼性問題を抱えるマクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンがトラブルでスタートさえできなかったレースがあったにも関わらず、F1モナコGPでアソンソの代役で出場したジェンソン・バトンとの3名の合計で716周を走行している。

今シーズンここまでのレースで最多周回数を走っているのは全戦でリードラップで完走しているルイス・ハミルトン(メルセデス)とセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の487周。チームとしてはフォース・インディアの956周が最多となっている。

レース周回数 (第8戦終了時点)

チーム周回数ドライバー周回数DNF
DNS
フォース・インディア956エステバン・オコン4840
セルジオ・ペレス472q
メルセデス946ルイス・ハミルトン4870
バルテリ・ボッタス4591
フェラーリ903セバスチャン・ベッテル4870
キミ・ライコネン4162
ザウバー829マーカス・エリクソン4243
パスカル・ウェーレイン3471
アントニオ・ジョビナッツィ581
ハース809ケビン・マグヌッセン4222
ロマン・グロージャン3872
トロ・ロッソ749ダニール・クビアト3804
カルロス・サインツ3692
ウィリアムズ749フェリペ・マッサ3872
ランス・ストロール3584
ルノー745ニコ・ヒュルケンベルグ3942
ジョリオン・パーマー3443
マクラーレン・ホンダ716ストフェル・バンドーン3414
フェルナンド・アロンソ3185
ジェンソン・バトン571
レッドブル685ダニエル・リカルド4082
マックス・フェルスタッペン2774


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル