レッドブル
レッドブルは、2016年のF1エンジン契約を結んだことを明らかにし、チームの将来について巡らされた推測に終止符を打った。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、パートナーの名前やエンジンブランドは明かしていないが、2016年もルノーのパワーユニットを使用するものとみられる。

この契約は、ルノーがロータスF1チームを買収するかどうかの決断に関係なく進められるようだ。

「我々はワールドチャンピオンシップに参戦し、エンジン契約にサインした。だが、現時点ではそれがどこのエンジンか、またはどのように呼ばれるかについて話すことはできない」とクリスチャン・ホーナーは述べた。

「我々は別のパートナーたちを発表しつつあり、今後もいくつかの素晴らしいパートナーを公表するつもりだ。なので、なにか極端に厄介なことでも起こらない限り、我々はそこにいるだろう」

4つのエンジンメーカーと数カ月にわたって交渉したレッドブルは、これで2016年のパワーユニットに合わせてマシンを開発していくことができる。

クリスチャン・ホーナーは、2016ン年シーズンのスタートは厳しいだろうと認めつつも、エンジンパートナーが一年を通して大きく進展していくことを期待している。

「シーズンを通して進歩すると希望を持っているエンジンなので、厳しいシーズンスタートになるだろう。だが、我々は前に進んでいくと自信を持っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル