レッドブル
FIA控訴裁判所は、ダニエル・リカルドの失格処分に対するレッドブルの不服申し立てに対し、スチュワードが下した失格の裁定を支持するとの判決を下した。

F1オーストラリアGPで、ダニエル・リカルドは2位でフィニッシュしていたが、100kg/hの燃料流量制限を“一貫して”超えたとして失格処分が下された。

レッドブルは、FIAの燃料流量センサーが信頼性に欠けていたと主張して、の精度に問題があり、自分たちのデータによると違反は犯していないと主張。失格処分に対して不服申し立てを行っていた。

14日(月)にFIA控訴裁判所で審理が行われ、翌日15日(火)に判決が発表された。

「裁判所は、関係者の主張を聞き、彼らの提出文書を詳細に調査した後、2014年オーストラリアGPの結果からインフィニティ・レッドブル・レーシングのマシンNo.3を除外するというスチュワードの決定(No.56)を支持するという決定を下した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル