2014年F1マシン ノーズ
エイドリアン・ニューウェイは、2014年F1マシンのノーズ突出部のデザインは、醜いだけでなく、新たな危険性を引き起こす可能性があると考えている。

2014年、F1は他のマシンのリアに衝突した場合に宙に浮くのを防ぐために低いノーズを採用した。

しかし、エイドリアン・ニューウェイは、リアから衝突した場合、新しいデザインのノーズはリアの衝突構造の下に入り込んでしまうことを懸念している。

「レギュレーションは、数年前のバランシアでマークがヘイキの後方に衝突した事故のよなマシンが宙に浮く可能性を削減するためのFIAのリサーチによって導入された」

「私は正反対のことが起こるかもしれないと心配していることを認めなければならない。実質的にクルマは今ではサブマリンだ」

「クルマのリアにまっすぐぶつかった場合、下に入って、リアのクラッシュ構造の下に入り込んでしまう。その方がずっと悪いシナリオだと思う」

エイドリアン・ニューウェイは、ノーズの美学についても同じように非難した。

「発表された何台かのクルマで見たように、レギュレーションが醜いソリューションを造っているのであれば、残念なことだ」

「それは厳しい技術的な問題ではない。我々はスタイリングに関係なく最高のパフォーマンスを発揮できると感じるクルマを設計しなければならない」

「だが、クルマの形状、クルマのサウンドは、F1のドラマの全ての部分だと思っている。クルマが魅力的でないのであれば残念なことだ」

エイドリアン・ニューウェイの安全性への懸念はノーズの問題だけではない。ニューウェイは、バッテリーパックがクルマの中央の燃料タンクの下に配置されなければならないとする規約の複雑さを懸念している。

これまで、レッドブルは、パッケージング面と理想的な重量配分という点からバッテリーパックをギアボックスの下に収納してきた。

「安全根拠でなされたことだが、バッテリーを燃料タンクの下に置くことがエンジンの後ろに置くよりも安全だという理由がよくわからない」

「そこは未知の領域だと思う。ボーイングはドリームライナーのバッテリーで悪夢を見たし、長い間航空機の運航を停止しなければならなかった」

「そのようなバッテリーは、予測しづらい原因で熱の発散に苦しむ可能性がある。そのような大きなバッテリーバックに衝突した場合、炎をコントロールするのは非常に難しい」

「それについての合理的な時間をわかっているので、ドライバーの安全懸念だとは思わないがそれでも危険だ」

「電圧も非常に高い。大きな直流電圧は非常に危険であり、AC電圧よりもずっと危険だ。ピットレーン全体の安全のためにもこのようなクルマは大きな挑戦だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1マシン