キミ・ライコネン、契約書を読まずに2時間でアルファロメオF1と契約
アルファロメオF1のチームマネージャーを務めるビート・ツェンダーが、キミ・ライコネンとの契約交渉の舞台裏を語った。

フェラーリF1は、2019年のF1ドライバーとしてキミ・ライコネンに代えてシャルル・ルクレールを起用することを決定。F1グリッドで最年長のキミ・ライコネンは現行引退も囁かれた。

しかし、キミ・ライコネンは2001年にF1デビューを飾ったザウバー(現アルファロメオF1)に移籍することを決断。トップチームから中堅チームへと移籍し、2年契約を結んで現役を続行する道を選んだ。

フェラーリF1のシート喪失を知らされたキミ・ライコネンが、自らザウバーににアプローチをかけたのはよく知られた話だが、ビート・ツェンダーは実際には2017年に交渉がスタートしていたことを明かした。

「私はかなり長い間それに取り組んでいた」とビート・ツェンダーは Autosport に語った。

「彼が2017年のシルバーストーンでフェラーリと3位を獲得したとき、彼は私をプライベートジェットに乗せてくれた。それから我々は彼の将来について話し始めた」

「私は『聞いてほしい。もうフェラーリで運転したくないと思ったり、彼らが君を解雇したときは連絡してほしい。私はそれを実現してみせる。興味があり、ザウバーに戻りたいという意欲があば、我々は方法を見つけます』と伝えた。

「我々は何年にもわたってこれについて常に話し合ってきた」

2018年のイタリアGPでフェラーリからの放出を知らされたキミ・ライコネンは、すぐに2019年のF1シートについてアルファロメオF1と話をしに行った。そして、数日後、契約は成立した。

「2018年のモンツァでフェラーリがシャルルで行くことを決定したとき、我々はすぐに連絡を取った」とビート・ツェンダーは語った。

「レース後の火曜日にフレッド(フレデリック・ヴァスール/チーム代表)、キミ、そして、私とでミーティングを行った」

「基本的には我々2時間以内で契約を結んだ。まあ、契約といっても、キミは契約書を読まずに我々は合意に達した!」

「何年にもわたって、我々は非常に特別なつながりを持っていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / アルファロメオ・レーシング